ロト7で10億円当てる簡単な予想方法思いつきました

ビンゴ5・ミニロト・ロト6・ロト7を、他にはない独自の方法で予想するブログです。宝くじや金運の有益な情報はもちろん、生活にちょっと役立つ情報も提供していきます。

初記事記念に、始めましてとだけ言わせてもらいます。

始めまして。横浜在住、妻と4ヶ月の娘を自由業で養う「よこはま犬」です。インターネット・ブログ・独自ドメイン、ほぼ無知な状態ではてなProに登録して、この記事を書き始めるまでに3ヶ月以上かかってしまいました。この記事すらも果たしてアップ出来るのか、半泣きでビクビクしながら書いています。

 

 ロト7が発売された2013年4月からロト7の研究や予想を趣味でやってきましたが、おそらくこの方法が一番1等当選に近いのではないかという方法を見つけ出してので、僕の高額当選までの軌跡をブログに書き連ねていこうと思い、このブログを立ち上げることを決心した次第です。

 

まず最初に、高額当選の近道としてなぜロト6ではなくロト7を選んだかというと、ロト6は1~43の数字の中から6つの数字を選ばなければいけないのに対して、ロト7は1~37の数字の中から7つも選べるという理由です。デモ予想(実際には購入せずに予想だけでロトを十二分に楽しむ方法)でも、僕のロト7当選率はロト6をはるかに上回っています。

 

1等最高当選金額の8億円を当てるために1回のロト7で購入される販売の実績額は、約20~30億円です。1口の購入金額が300円なので、毎週約1000万口の購入がされており、1人10口購入していたとしても約100万人が8億円を狙っている計算です。貴方の友人、同僚、親、奥さんもロト7を購入しているかもしれませんね。いや、きっと購入してます!突然同僚や上司が会社を辞めたなら8億円が当たったと思いましょう。家業を継ぐなんて話信じちゃダメですよ。

 

 

 

さて、肝心のロト7予想方法ですが、皆さんはどのように予想されていますか?今日のラッキーナンバー、大好きな家族の誕生日、大好きなアイドルの誕生日、大好きな愛人の誕生日、ここ最近のデータから予想して、なんて方法が一般的だと思います。1~37の中から数字を選ぶだけですが毎回7つの数字を考えるのはなかなか面倒ではないでしょうか?

しかし、世の中には、本気でロトを始めとする宝くじ関連の当選パターンを日々研究・予想する変人予想屋たちがたくさんいます。その変人予想屋さんのサイトや雑誌の良いところ(本命数字)を練り上げていくと、あらっ不思議、最高の予想数字が出来上がるって方法です。

 

 

 

11月8日現在、11日(金)に抽せんされる第186回ロト7には10億円以上のキャリーオーバーが発生しており、高額当選のチャンスです。直近6回のロト6では1等当選が1口しかないので、年末に向けてロト7貯金をザクザク貯めている状態です。年末ジャンボ、有馬記念にぶっ込んで2016年の一発逆転を夢見ているカイジ君たちはロト7にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

このアップ出来るかどうかもわからない記事に精魂使いはたしてしまい、第186回のロト7予想の記事が間に合うかどうかは微妙ですが・・・、毎週のロト7の予想以外にも、皆さまの貴重な時間を少しでも充実させていくような記事をゆっくり書いていこうと思いますので、これからどうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。